2009.09.10:平成21年9月定例会質問|四日市市議会議員中森しんじ

中森しんじ公式facebook 中森しんじ後援会 中森しんじ後援会だより

活動レポート

2009.09.10:平成21年9月定例会質問

4点質問いたしました。

投票する権利について

  1. 高齢化に伴い、自力で投票所まで行けない投票困難者が増える中、「現状のような選挙投票制度では困る」と言う声もあります。実際に80代の投票率は、70代に比べると大きく減少します。
  2. バリアフリー化について
    • 市側は市内の投票所について一応のバリアフリー化が済んでいるというようなご報告がありましたが、例えばスロープまでが地道であったりするので、改善の余地があるのではないか伝えました。
  3. 郵便投票制度について
    • 市内の対象者がおそらく500名程度であるが、91名にしか利用されていない現状についてPR不足の面があると思うので、十分にやって欲しいと伝えました。

都市公園の商業的利活用

  1. 従来公園の利用は、お祭りや公共的行事などに限定されがちで、民間企業によります営利を目的とした利用については制限をしてきたような感がありますが、積極的に商業的利用を促し、周辺への経済波及効果やまちのにぎわいにつなげることが必要だと私は考えています。
  2. 特に、博物館東側にあります市民公園で、物品の販売、展示あるいは商業的イベントを開催された場合、周辺の商業への経済効果があると思います。
    • これについて質問したところ、市側からも「経済効果はあると考えております」と答えてくださいました。
  3. ただ、条例では、『公園の使用行為の制限について、物品の販売、興行、展示会、映画の撮影など市民の公園利用に支障を及ばさなければ、市長の許可を得て利用できる。』とあり、使用料についても『物品の販売やそれらに類することについては、日額1m224円』と金額まで定められているにもかかわらず、実際には営利事業には全く許可をしないと言うことが続いてきました。
    • これについて質問すると「それらの行為が公衆の公園の利用に支障を及ばさないと認められた場合に限り、許可をすることができると規定し」ているの で、「公共の福祉に反するものやもっぱら個人や企業の営利活動として行う行為に対しては許可をしておりません。」と回答がありました。
    • 市長からは、「経済効果がある」と前置きした上で、今後のルールづくりをしていきたい、「例えば同業種の団体で販売促進のためのフェアとかは十分可能ではないか」と思っているとの回答がありました。

省エネルギー照明の導入について

  1. 四日市市のCO2対策とLED照明の導入に当たっての補助制度について
    • 四日市市役所が排出しているCO2数値の削減目標は、平成19年度は目標に対しては5000tオーバー、20年度が6000tオーバーと言う実情 の中、幾ら四日市市が立派な推進計画をつくって、市民の方や事業者の方々に減らしてくださいということが言えるんですかということを、申し上げました。
    • その上でどう削減していくのかということを、本腰を入れて考えるべきじゃないかと質問したところ、副市長から「具体的にはLEDも当然入ってこようかと思いますが、そういう考え方あるいは具体的な方策がしっかり盛り込まれるように、この総合計画の検討委員会の皆様にもきっちりお伝えしながら、しっかりと位置づけてまいりたい」と回答がありました。

小学校弁当の日設定について

  1. 2001年、香川県綾川町の滝宮小学校において、時の竹下和男校長先生の発案で始まり
    1. 子供だけでつくる
    2. 家庭科がある5年生・6年生だけで行う
    3. 秋から月1回、年5回行う
      と言う3つのルールがあります。
  2. 全国で既に521校の小中学校で実施され、群馬県では市の教育委員会を挙げて取り組みをすすめています。
  3. 子供たちは、自分で献立から買出し、調理など一通りのことをすべて考えて実行する中、大変大きなかけがえのない成果が着実に上がっているそうです が、この四日市市の子供たちに体験させてあげたいがどうかと質問しました。また、この先生の講演会をぜひこの四日市でも開催して、保護者あるいは教員の 方々、そして市民の方々にも聞いていただきたいと思う旨もあわせて質問いたしました。

議事録

2009年09月12日|議会報告